記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[SMシーズン2使用構築]毒菱メガサメハダー改[最高2189・最終2143(36位)]


[はじめに]

こんにちは。ショウと申します。今シーズンは相棒のリザードン,そして期待の新人エースのサメハダーの2メガ軸でパーティーを組み潜っていました。2200はいけなかったものの,おそらくメガサメハダー軸のパーティーとしては最高レートを達成でき,とてもうれしいです。今回使用したパーティーはこちらです。



スクリーンショット

[証拠画像]

pgl.png


20170321150247877.jpg



[構築経緯]

シーズン初期,ポケバンクが解禁される前は,シーズン1のパーティーを用いて潜っていました。その際,毒菱ウツロイド+まもみがサメハダーが強いと聞き,試して遊んでいました。バンクが解禁された後,ウツロイドが起点を作りづらく感じ,ステロ撒きとして信頼していたカバルドンで起点を作るパーティーを試していました。その際にカバルドンのあくびループ+サメハダーの身代わりの強さに気づきました。サメハダーの身代わりをさらに活かせないかと考えたときに,やはり毒菱が候補に挙がりました。そのとき,ORASシーズン13で使用し,自身を初めて2000に導いてくれた毒菱ゲッコウガ+毒ボルトの並びを思い出しました。そして,毒が効かずにサメハダーが勝てない,メガフシギバナやナットレイなどをどう削るかと考えたときに,twitterで見かけた呪いミミッキュが候補に上がりました。最後に相棒枠のリザードンを添えてパーティーが完成しました。



[パーティ紹介]

リザードン@リザードナイト
性格 陽気
特性 猛火→かたいツメ
努力値 H220 A36 S252
技 ドラゴンクロー ニトロチャージ 鬼火 羽休め

帰ってきた相棒枠兼見せポケ。いるだけでステロを巻かれるので,不用意に出さないことが大切です。サメハダーを通せないミミッキュ入りの構築に比較的強く,補完のメガ枠として優秀だと感じました。なぜかXに見えるらしく,メガ前のこいつにゴツメランド引きなどY無考慮の動きをよくされたのでYのほうがいいかもしれません。



カバルドン@オボンのみ
性格 慎重
特性 砂起こし
努力値 H252 B4 D252
技 地震 ステルスロック あくび 吹き飛ばし

ステロからあくびを連打し,サメハダーの身代わりの起点にします。HDに振り切っているため,先発だけでなく,コケコやゲンガーなどに後出ししていく動きも良くしました。



ミミッキュ@ゴーストZ
性格 陽気
特性 化けの皮
努力値 H4 A252 S252
技 シャドークロー 呪い 守る 身代わり

最近話題の呪い痛み分けではなく毒菱と相性の良い呪いまもみがで使用しました。痛み分けが主流であるため守るが読まれづらく,よく刺さりました。サメハダーが倒せない相手を無理矢理削ったり,呪いで退場からのサメハダーの身代わりが強かったです。



ボルトロス(化身)@食べ残し
性格 臆病
特性 悪戯心
努力値 H244 B4 D4 S252 → H4 C252 S252
技 放電→10万ボルト 毒々→草結び 守る 身代わり

最終日手前までは毒まもみがで使用していましたが,臆病で耐久がないため,毒を撒いた後に自身でまもみがで嵌める動きがしづらく,選出率が著しく低かったです。パーティー全体でカバの処理ルートが限られていて重かったため,毒々を草結びに変えCSぶっぱにしたところ強く,選出しやすくなりました。毒菱を見た後の食べ残しボルトの草結びは読まれにくく,迅速にカバを処理することが出来ました。毒撒きはゲッコウガに一任しています。



ゲッコウガ@きあいのたすき
性格 陽気
特性 変幻自在
努力値 A252 B4 S252
技 ダストシュート けたぐり 岩石封じ→毒々 どくびし

パーティーの軸毒菱ゲッコウガ。サメハダーの障害となるレヒレに通るダストシュート,ナットレイに通るけたぐりをメインウエポンに採用しました。もともと,ポリゴン2の処理ルートが毒菱による毒しか無く,ゲッコウガに対して後出しをされ,毒を入れられず詰む試合が多かったです。最終日手前でポリゴン2の増加を感じ,やむを得ず,岩石封じを毒々に変更しました。これが正解で,面白いくらいポリゴン2が出てきてくれました。高レートでは岩封ゲッコウガを考慮して動いてくる相手が多く,初手のリザードンゲッコウガ対面で毒を打つと,裏のポリゴン2に引いてくれた試合もありました。毒々を採用したことで浮いているポケモンにも毒が入るようになり,ボルトロスとの同時選出が増え,選出の幅が広がりました。必中毒々は強い。



サメハダー@サメハダーナイト
性格 いじっぱり
特性 加速→がんじょうあご
努力値 A252 S252 D4
技 噛み砕く こおりのキバ 守る 身代わり


パーティーのエース。このポケモンを如何にして通すかが勝利の鍵です。サメハダーの身代わりは強く,毒びし,呪い,あくびとの相性だけでなく,ナットレイ,カグヤの宿り木読みで打ったり,対受けループに強く出られます。それだけでなく,裏に陽気スカガブや臆病スカテテフなどサメハダーが1加速で抜けない相手がいる可能性がある場合,まもる身代わりまもると加速を3回発動させてから対面のポケモンを倒すことができます。




[基本選出]

カバルドン+ミミッキュ+サメハダー

対受けループ用の選出。カバでステロを撒き,吹き飛ばし連打で裏を確認します。ミミッキュで呪いをし,エアームドをサメ圏内まで削れるとほぼ勝ちです。ラッキーは基本的に毒々から入ってくるので,身代わりから入り噛み砕く2発,ドヒドイデは身代わりを盾に噛み砕く連打をしBダウンを引けば勝てます。受けループのドヒドイデは毒菱,トーチカを基本的に持っていませんが,持っているとほぼ負けです。対マンダ軸やリザードン軸など,ステロが刺さっている相手にもこの選出をしていきます。



ゲッコウガ+カバルドン+サメハダー

サメハダーを止められるポケモンがいない場合,もしくは極端に少ない場合(ガルガブクレセドラン)などに対する選出。毒菱,ステロを撒き,存分にサメを暴れさせましょう。ガルーラは毒菱を撒いておくことで守る身代わり守る噛み砕くで倒せます。初手のゲッコウガガルーラ対面は即カババックでいいです。



ゲッコウガ+ボルトロス+サメハダー

相手に毒菱が刺さっている場合もしくはカバ入りの場合の選出。




[最後に]


今シーズンは,自身の最高レートを大幅に更新し,なんと2200チャレンジを経験することも出来ました。2200チャレンジでは相手のメガゲンガーが最速起きをし,なおかつヘドロばくだんでリザードンが毒になり落とされて負けてしまうという,とても悔しい結果になりました。しかし不可能だと思われていた2200を目前に体験でき,自身としてとても成長出来たシーズンだと思っています。この悔しさをバネに来シーズンこそ2200を目指します。ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

最後にこのパーティーのQRレンタルチームを載せておきます。メガサメハダーの強さを実感してください。まもみがのPP増やしてなくてごめんなさい。
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4220-A36D
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。